交通事故の被害者になってしまった場合には、後遺症が残るケースがあります。
最も多いのがむちうちによる後遺症となりますが、むちうちは一度患ってしまえば症状が治まった後でも数年後に同じような症状が出ることもあります。
かといってこのように長期間の保証を受けられるかといえばそうではなく、大抵の場合である程度の期間と通院した後は症状固定として、打ち切りになってしまうことがほとんどではないでしょうか。

本当に軽度のむち打ちなどであれば症状固定の時点でストレートに示談に向けての話し合いをすることができますが、むちうちの症状以外にも体に痛みが生じていたりするのであれば、このような痛みまでしっかりと後遺症認定をしてもらう必要があります。
しかし保険会社としては可能な限り、低い等級での後遺症認定をして欲しいというのが本音であり、診断する医師についても細かな診断を行ってくれないようなケースもあります。

長期間にわたり保証を受けることができない以上は、認定等級の適正度をしっかりと調べる必要があり、どうしても納得できる後遺症認定の等級でなかった場合には改めて後遺症認定をするための検査をする必要があります。
こういった部分については交通事故を専門に扱う弁護士に話をした上で病院に掛け合ってもらい、改めて後遺症認定のための検査をするようにしてください。

間に弁護士が入ってくれるだけで後遺症認定の等級が上がり、最終的に受け取れる慰謝料が大幅に多くなったといったケースがたくさんあります。

後遺症の逸失利益はどんなもの?

交通事故による慰謝料の計算をする際には後遺障害による遺失利益についても計算をすることになります。
しかし満足のいく保証についての慰謝料を受け取ることができず不満を感じたまま示談にされてしまいそうな人もいるでしょう。
逸失利益というのは後遺症を患っていなければ稼げる見込みがあった利益となります。

後遺症の逸失利益だけでなく、交通事故が起きた場合には事故により休んだ期間の休業保証などがありますが、これ以外にも後遺障害を抱えてしまったことで逸失利益が発生するケースもあります。
しかしこのような部分について保険会社では非常にシビアな見解を示すため思うように保証をしてもらえず、納得ができないという人は非常に沢山います。

このようなトラブルが生じてしまい、本来稼ぐことができた収入が得られなくなってしまった場合には弁護士に相談し、後遺症による遺失利益を十分に受けることができるような話し合いを進めていかなくてはなりません。
そのためには逸失利益として稼ぐことができたはずの金額を証明するための、過去の収入証明や給料明細などが必要になってきますが、このような種類でしっかり提示することができれば後遺症により逸失利益が発生したという判断になり、慰謝料に着いてもしっかり受け取ることができるようになります。

一言で慰謝料と言っても最終的に元々金額を慰謝料と呼んでいるだけで、慰謝料そのものの内訳としては、逸失利益が含まれてくるので覚えておきましょう。
逸失利益にも感じてしまった場合にはそのまま我慢するのではなく、必ず弁護士に相談し、適正な金額を受け取ることができるようにきちんとした姿勢で先方との交渉を行っていきましょう。