交通事故には最終的に示談が決まった際の慰謝料がつきものとなります。
この慰謝料について様々なトラブルが生じてしまいますが、できるだけ多くの慰謝料を受け取りたいと思っているのであれば、弁護士に相談した上で話を進めていくのが1番になります。

これはなぜかというと慰謝料の計算方式そのものが複数あり、その中でも弁護士が計算する方法が一番高いからです。このほかには自賠責を基準とした慰謝料計算式と任意保険基準慰謝料計算式がありますが、すべての方法を考えてみても、弁護士基準の慰謝料計算式が最も高くなっています。

保険会社が算出する賠償金は適正か?

もちろん自賠責基準では、慰謝料が最も少なくなってしまうことは誰もがご存知だと思いますが、任意保険会社が算出する「任意保険基準」も決して高いものではないことを覚えておいた方が良いでしょう。
症状によっても慰謝料の計算式が違ってきますが、保険会社基準と弁護士基準ではけがの程度が大きければ大きいほどかい離していきます。

またこのような費用こ計算については、それぞれ1ヶ月単位で加算されていくものになっていますので、例えば数ヶ月の通院期間や入院期間があった場合には、最終的に保険会社基準と弁護士基準値に大きな違いが生じてくることになります。

ただ、弁護士基準で計算した慰謝料を支払ってもらうためには当然弁護士が間に介入している必要があるため、加入している保険で弁護士特約があればこれを使用することや、万が一特約がなければ自分で交通事故に詳しい弁護士に依頼することが大切です。引用:京都の交通事故に強い弁護士の無料相談|京都グリーン法律事務所

交通事故に強い弁護士に相談することで慰謝料は上がる?

インターネットを読んでいると時々交通事故事故による慰謝料の増額ができて良かったなどという話を耳にします。
このよえに慰謝料の増額をするというは一度決まった慰謝料に何か違法な手段を使ってお金を受け取ったと思ってしまう人もいるかもしれませんが、慰謝料の増額というのは素人ができるものではありません。

万が一不法な方法で慰謝料の増額などを行ってしまえば刑事責任を問われることもあります。
交通事故により支払われる慰謝料というのは様々な内容に分けられており、双方の過失割合などから慰謝料の金額が決められますが、金額に達納得できない場合には弁護士を通じて話し合いをすることで、保険会社から提示された慰謝料以外にも適正価格での慰謝料を受け取ることができます。
これには後遺症認定についてのものや、休業保証について、また逸失利益についてなど様々なものが含まれてくるのですが、保険会社との中で話しをしているだけでは保険会社の都合のいいように話をされてしまう事があり、本来であればもっと受け取れるはずのものが取れないなどと言うこともあります。

そのため交通事故で示談に向けての話し合いを進めていくのであれば、可能な限り弁護士を頼り、本当に正当な慰謝料を受け取れるようにしていきましょう。
弁護士に相談しなかったことが原因で慰謝料を損してる人はたくさんいます。
慰謝料に相違弁護士に相談すれば、弁護士基準の慰謝料方法で計算されますから、これだけでも大きく違いが出たなどというケースもあります。
保険会社基準の慰謝料計算と弁護士基準の慰謝料計算では大きな違いがあるため、このようなことも覚えておくと良いでしょう。